スムーズにDMを印刷するために用意しておくべきもの

効率的に作業を行ってもらうためには、注文をする側がいくつかの準備をしておく必要があります。まず、発注量とそれに伴う予算などです。特に、単価が高くなりがちになっているサービスでは発注量を増やすことで相場を小さくできる可能性があります。予算に見あったシミュレーションをしておかないと、後から目的通りの作業をしてもらえなくなる可能性があるため注意が必要です。また、必要なデータは必ず準備しておく必要があります。近年は、インターネット上のサービスを利用して注文を行うことが普通であるため、相手から求められたときには相応の情報を提供しなくてはいけません。それに基づいて発注が開始されますので、スムーズに作業を進めてほしいのならばその業者で求められているデータが何であるのかを確認することから始めなくてはいけません

印刷に必要なデータは自分で準備しよう

DMを印刷するときには、クライアント側で必要なデータを準備しておかなくてはいけません。従来までは、大量発注を行う時もデータの入稿を工場などで後から行うことが多かったのですが、近年ではインターネット上からの受け渡しなどによって簡単に準備をすることができるようになっています。そのため、注文をした段階で必要なデータは渡すことができるようにしておく必要があります。一般的に、DMを作るときにはデザインをすべて業者に任せる方法とデータを一から自分で考える方法が存在します。確かに、業者に任せておけばクライアントから情報を提供する必要はありません。しかし、コストが高くなってしまう懸念があります。デザインをカスタマイズできない場合には業者から用意されたレイアウトに従う必要があるため、自由度の高いDMが欲しいときにはデータは必須です。

印刷に必要なサイズと解像度がマッチしているかを調べよう

DMを利用するにしても、自社で利用するうえで目的に沿ったものを提供してもらえるかが非常に大切になります。その中でも特に重要なポイントが、サイズと解像度が合っているかどうかという点です。サイズが違っていると納品をしてもらった後に直さなくてはいけなくなりますので二度手間になります。また、解像度が低いと品質が悪くなってしまう可能性が高くなるため、ビジネス上でも良くありません。さらに、印刷を行う際にはモノクロかカラーかという選択も重要です。仮に、カラフルなデータを準備しているときにはそういったビジュアルに対応することができる業者であるのかを調べておく必要があります。データを準備することができたとしても、相手がそれに対応していないのでは意味がありませんのでこういった確認も忘れないことです。